私達の暮らしと税金
教育の充実

みなさんに最も関係の深い分野でいえば、教育ということになります。例えば、新しい学校の建設、体育館、図書館や音楽室などの教育施設の充実・整備、さらには教科書の無償配付などがあります。これらはすべて国や地方公共団体の仕事として計画的に進められているのです。

京都市府立図書館

 

公立学校の児童・生徒1人当たりの公費負担教育費小学生約862,000円 中学生約984,000円 高校生約979,000円