私達の暮らしと税金
高校生の作文優秀作公開
京都府租税教育推進連絡協議会賞
納税の意味

京都文教高等学校 2年
 須賀 祐斗

 「納税の義務」これは国民みんなが租税を国に納めなければならない国民の義務だ。しかし誰もが理解しているこの「納税の義務」に否定的な考えをもっている人も少なからずいるだろう。ではなぜ、否定的な考えを持ってしまうのか。やはり所得税などで収入の一部からひかれたり、消費税の増税などによって国民の不満が高まり税金そのものの存在に反対する人がでてくるからではないか。でも私はもっと一番の原因があると思う。「あなたは税金の使い道について知っていますか」このような質問をしてどれくらいの人が正確に答えることが出来るだろうか。実際私もこのような質問をされて正確に答えることは出来ないし、知らないこともたくさんある。それはなぜか。私含めて国民みんなが税金の使い道や日々税金に支えられている事実にまったくもって無関心であるからだ。つまり言えることは私達は、税を払うことに関して知識や意識は疎そかなのにただ一方的に不満を言っているだけなのだ。

 私達が税金のことについてもっと関心をもつためにはまず税金が暮らしのなかでどのように使われているかを知らなければならない。私達が払っている税金は多岐にわたって、使われているのだ。例えば「教育、医療、公共事業、年金などがある。では、どのように使われているのか。

 まず教育費。私は小学生の頃、疑問に思ったことがあった。そう私は母に「この教科書全部で何円したの。」と、聞いた。母は「この教科書は私が買ったんじゃないんだよ。国が日本のみなさんがあなたの教育のために無償で払ってくれてんねんで。」と答えた。当時の私はたぶんまったく理解していないと思う。でも今になって分かることは、教科書も学習出来る環境があるのもすべて税金のおかげだということを。

 では医療の面では税金はどのように使われているのか。例えば、不慮の事故で大怪我を負ったとする。その時、必ず救急車が手配される。そのこの救急車こそが私達の払っている税金でたくさんの命が救えていることを忘れないで欲しい。

 税金はこのように社会の中でとても大きい役割となっている。私の知らない周りの中でこれほど税金が人の命を救い、学習環境を良くしてくれているなんて知らなかった。この事実を知れて、税金に対する見方も百八十度変わったし、なにより親や納税者たちに感謝しなければならないと思った。そして今も消費税増税の問題が大きくなってきているから他人事だと思わず、私達一人一人が真摯に向き合っていくべきだと思った。私ももうすぐ税を納める立場になるかもしれない。だからこそ自分は納税者だという自覚をもって、これからの世代の子供達にしっかりとした学習環境や医療環境をしっかり与えられるよう社会に貢献できる人になりたいと思った。