私達の暮らしと税金
高校生の作文優秀作公開
京都府租税教育推進連絡協議会賞
わたしたちの未来と税

京都府立宮津高等学校 1年
中田 妃南

 なぜ、税を納めなければならないのか。以前のわたしはそう問われたら、それが義務だから、と答えていたと思います。ですが税に関して学んだことで、税の真価や重要さに改めて気付かされました。 

 高校生のわたしたちにとって、「税を納める機会」はあまりないのかもしれません。実際に税を納めるといっても、物を購入したり、サービスを受けるときに納める消費税ぐらいしかありません。ですが、わたしたちは税によって、安全な学校生活が送れます。わたしはそんな税の使われ方について、興味を持ちました。

 税の使われ方、と一言でいっても、多種多様です。例えば、わたしたちが毎日出すゴミを収集するゴミ収集車にも税金が使われていたり、日々過ごす学校の設備や運営にも使われています。つまり、税金とは日々の「当たり前」の暮らしにとって、必要不可欠なものだといえます。ですが、税金を納めること自体を良く捉えていない人が多いのも事実です。なぜ、そのような人が多いのか疑問を持ちました。 

 そのような理由の一つに、わたしたちの納めた税金が、わたしたちにとって本当に役に立っているのか、不明確だからだと思います。例えば、税金は医療サービスや公共施設の運営に使われています。しかし、普段それらを利用しない人にとっては、無くてはならないものではあるものの、必要ではないと考えている人も多いと思います。また、税金の無駄使いなどがニュース等で報道されると、国民は納税の価値を低く考えてしまいます。だからこそ、国民一人一人の税金への高い関心と意識が必要なのです。

 納められた税金は国や地方公共団体などで、国や地方の議員が予算を決めています。その議員はわたしたち国民によって選ばれた国民の代表であり、予算を決めているのはわたしたちであるといえます。すなわち、その予算が正しく決められ、実際に使われているのかどうか確かめる責任があるのです。

 では、これからの社会と税はどのような関係になっていくのでしょうか。事実、公債金、つまり国の借金は年々増え続けており、未来への負担も増えています。日本では、人口が減少しているにも関わらず、負担が増えていくことはこれからの課題であり、わたしたちが背負う未来でもあります。その迫っている現実に、何ができるのでしょうか。それは、税金や国の政治について関心を持つことです。今、議会で何が話し合われ、何が取り組まれているのか知ることが大切だと思います。国や地方のホームページ等で調べて情報を得たり、意見を持てます。無駄なく税金が使われるようになれば、納税への嫌悪感もなくなります。また、その得た知識や意見を共有することで、地域全体が一つとなり、様々な問題が対処しやすくなります。いつかではなくすぐに、みんなで答えを出す必要があるのです。